アレルギー犬の食事とケア

食品アレルギー犬の栄養摂取や手作りご飯やケア方法など

このブログについて

このブログを私が書く理由

まだ開設したばかりの私のつたないブログですが、多くの方に読んで頂けて本当に嬉しいです。
ありがとうございます。

アレルギーをもつ人も近年は増えてきていると言われています。
それは犬やその他の動物の世界でも同じ事が起きています。


アレルギーといっても、様々な種類がありますよね。
食品のアレルギー、植物のアレルギー、金属やラテックスなど皮膚に接触する物のアレルギーなど食べ物以外でもたくさんあります。

 

このブログでは、食物アレルギーにフォーカスして書いて行こうと思っています。
理由は、愛犬が子犬の頃からひどい食物アレルギーだったからです。
食品のアレルギーは食べたらその食品が身体の外へ排出されるまで収まりません。
でも、食事をしないわけにはいきませんよね。
成長期を支える栄養は必要だし、そのためにも食べられない食品を明確にすることが最優先でした。
検査もして、その結果一つや二つではないアレルギーがうちの犬にはあることがわかりました。
アレルゲンとなる食品を避けて、なおかつしっかり栄養を取れる食事を作ることが必要でした。
それがきっかけで私は動物栄養学を学び動物看護の勉強もしました。
その時はうちの子がアレルギーに苦しまなくなればいい、というのが目的でした。
本当にあの頃は余裕がなくて、なんとかうちの子が良くなればいい、という気持ちだけでした。

ペット栄養管理士として犬種、年齢、体重、性別などライフステージを通じた栄養管理とケアを我が家の愛犬に活かして手作りご飯の食事を作りはじめました。

 

その結果、正しい食事管理で本当に別犬のように元気になったうちのシェルティーは食物アレルギーさえ気をつけてあげたら、本当に健康で元気な性格の優しい子です。
病気もせず18歳まで長生きしてくれました。

現在も我が家には新たに迎えた愛犬がいますが、動物の栄養管理やケアを学んだ事がワンちゃんの健康管理やしつけ、ケアなどに役立っています。

 

あのとき、頑張って良かったと私は思っています。
こうしてあの頃の事を振り返る余裕が出た今は、周りにもアレルギーのワンちゃんがたくさんいることがわかりました。 

飼い主さんは慌てますよね。
だから、私の経験が少しでも役に立つなら、犬が大好きな私としてもとても嬉しい事です。
ワンちゃんにも色々な病気がありますが、食品アレルギーの問題ならそこを改善してあげたら健康で元気に生きられるのだから、私の経験を書いて行こうと思ってブログをはじめました。

まだ、ブログのページも整ってなくて、読みにくいところもあるかもしれませんが、記事も書きながらブログの設定も整えていきますので、どうぞなにかありましたら、お問い合わせフォームから何なりとご連絡下さい。

今後も読んで頂けたら幸いです。

 

【スポンサーリンク】