アレルギー犬の食事とケア

食品アレルギー犬の栄養摂取や手作りご飯やケア方法など

アレルギー犬への手作りご飯

手作り食で気をつける事

手作りご飯を始める時に絶対に知っておくべき、注意食品があります。

1 ネギ類やタマネギ、これはワンちゃんのオーナーさんならみなさん知っているとおもいます。
ネギ類は溶血性貧血をおこす原因物質です。 これは犬にとっては少量であっても死んでしまうほどの禁忌食品です。

そしてネギ類そのものは食べさせなくても、例えば長ネギを使った水炊きなどの鍋料理の残った煮汁にも注意が必要です。
ネギ類の成分が溶け出しているので、こういった煮汁やスープでも危険があります。

2 チョコレート、コーヒーも犬には強い毒となる「テオブロミン」という成分を含んでいます。
原料にカカオが使われている物に含まれている成分ですが、テオブロミン中毒で一番多いのが謝って犬がチョコレートを食べてしまった、というものです。
犬は結構甘い物が好きです、そしてチョコレートには糖分やミルクの成分が入っているので犬にとっては好きな物の匂いがするので、食べてしまう事があります。
犬にとってテオブロミンは強い毒性となるので、症状がすぐに出ます。
身体が震えるように痙攣したり、嘔吐、ふらついて真っ直ぐ歩けない、このような症状は典型的な中毒症状です。

3 キシリトール
人間には歯や口腔衛生に効果のあるキシリトールですが、犬には毒となるので、人間用の歯磨きチューブを犬が?んでしまったり、舐めてしまうと
量によっては中毒症状がでます。

4 調味料やスパイスなどの香辛料
犬には塩や砂糖などの味つけは必要ありません。
同じように香りや辛みの風味をつける香辛料も刺激が強いので避けてください。

5 生玉子の白身、生のイカ、エビ、タコも犬にとっては消化が苦手であり、ビタミン欠乏を起こすので避けましょう。
しっかりと熱を通したタマゴは白身でも大丈夫です。

6 生のブドウ、 干したレーズン、どちらも避けてください。
ポリフェノールが多く含まれるので下痢を起こします。
下痢が原因の脱水症状も命にかかわるので、気をつけるべき果物です。

【スポンサーリンク】