アレルギー犬の食事とケア

食品アレルギー犬の栄養摂取や手作りご飯やケア方法など

食品アレルギーの犬に出る症状について

食品アレルギーとは何か

食品アレルギーは犬にも人にも、そのほかの動物にも起こりえるアレルギー症状の一つです。
原因は様々ですが、生まれつき受け付けない食べ物がある場合、たとえ少量でも原因食品が体内に入ればアレルギー症状は出ます。
簡単にいうならこれは、身体が原因食品に対して拒否反応を示しているという事です。

たとえば、鶏肉にアレルギーのある犬が鶏肉を食べてしまった場合、どんな症状が出るのか知っておくことは、その次への対応が素早く取れるのでとても大切です。
多くの場合は、蕁麻疹が出て身体が痒い、目がショボショボして涙が出る、咳が止まらなくなる、等が一般的です。
けれども注意しなくてはいけないのは、もっと重篤な場合です。
アナフィラキシーショックの症状が出ると、呼吸が苦しくなり、意識レベルが落ちていき、最悪の場合は生命の危険もあります。
このような食品アレルギーは人間にも犬にも出るもので、身体がどうしても受け付けない食品は、免疫システムがそれらを異物と認識してしまうのです。

食品アレルギーが出たらどうするべきか

いつもと変わった食べ物を食べたあと、急に身体を痒がる様子が見られたり、ぐったりして元気がなくなったり、口の周りや目の周りが赤く腫れたりしたら、できるだけ早く獣医の診察を受けましょう。
時間が経つと状態が悪化してしまうこともあります。
病院に行ったら、食べた物、量、そして食べたあとどのくらいの時間が経過しているか。
そして、もしも嘔吐したりしたら、その嘔吐物も持っていくと診察の助けになり、状態を見極める事に役立ちます。
食品アレルギーは時間を置いて経過を見ていても良い程度の軽い物から、すぐにでも病院で処置をしないと危険なアナフィラキシーショックまで幅がありますが、緊急を要するのかどうか、それを見極めるのはいつも状態を見ている飼い主さんです。

病院ではどのような処置をするのか

アレルギー症状が出ている状態で診察を受けると、状態によって点滴、注射、飲み薬などワンちゃんの状態に合わせて処置が施させるはずです。
アレルギーが出ていてその症状を緩和させるために獣医は処置をしてくれるでしょう。
ワンちゃんの状態によっては入院となる場合もあるでしょうが、その場合は診察した獣医が入院させて状態を観察する必要があると判断した場合です。
アレルギー症状を緩和させるための投薬と採血して血液検査も行うと思います。
このときの血液検査はアレルゲンの特定ではなくて、腎臓や肝臓への異常が出ていないかどうかを調べるもので、アレルゲンの特定は状態が落ち着いた後になります。
外から見ただけでは解らない内臓への負担は血液検査でしか測れないので、結果がでるまでには数日かかる事もあります。
このように食品アレルギーは実はとてもワンちゃんの身体にも負担のある怖い症状なのです。
避ける方法は一つしかなく、アレルゲンとなる物を特定してそれを避けることしかありません。

普段とは変わった食べ物を食べた後に、愛犬の様子がいつもと違う、元気が無い、ぐったりしている、などの様子に気付いたら身体に赤みがあるかどうか調べて下さい。
特にお腹のあたりは被毛が少ないので皮膚の様子がよくわかる場所の一つです。
いつもより赤い感じがする、身体が熱っぽい、吐き気がある、痒がっているなどよく観察してください。
そして、嘔吐物があればそれを持って獣医で診察を受けましょう。
大切な事は、いつもと違うと思った症状があれば速やかに獣医の診察を受けましょう。

【スポンサーリンク】