アレルギー犬の食事とケア

食品アレルギー犬の栄養摂取や手作りご飯やケア方法など

冬のお散歩タイムには犬の防寒対策が必要な理由

寒い冬には犬も防寒対策をして楽しくお散歩をしよう

犬とお散歩

犬とお散歩

ワンちゃんはお散歩が大好きな動物です。

もちろん、健康のためにも毎日適正な運動量を与えてあげる事は大切です。

暑さにたいして気をつける飼い主さんは大勢いますが、冬場の防寒に対しても同じように気をつけてあげる事はとても大切です。

 

フサフサの被毛があるから大丈夫?

そうでもないですよ。

例えばダブルコートの被毛の犬種でも、心臓や消化器などの内臓を冷えから守ることは必要です。

もちろん、住んでいる地域にもよりますが、一つの目安として人間もコートや手袋をするような時期や、そういう防寒対策を人間もするような時なら犬にも胴体の周りだけでも寒気から守るような対策をしてあげてください。

犬服もいろいろな物が出ていますが、心臓のある胸とお腹を覆うようなコートとかベストタイプの防寒用の洋服はぜひ着せてあげて下さい。

冬服の犬

冬服の犬

 

寒さに強い犬種だから大丈夫?

寒冷地に適応した犬種でも、胸とお腹は冷やさないようにしてあげる事は大切です。

寒い時に犬は体温を上げるために小刻みに身体をふるわせたり、身体を丸めて身体の表面積を小さくしようとします。

これは、犬が寒さを感じている時にする行動です。

寒さに強いとされる犬種でも、暑さや寒さは感じますよ。

特に現代の住環境で暮らしている犬は、室内で飼われている事が多いので、常に室内が快適な温度に保たれている環境に慣れています。

そのため、従来よりは寒暖に対する抵抗は減っていると思ってくださいね。

 

そして、水の摂取量が減ってくるのも、注意したいポイントです。

お水を飲まないのは健康上も腎臓に負担がかかるので、寒さを感じていて水を飲みたがらないなら、部屋を温かくしてあげる、そしてお水に少し豆乳をまぜて与えてみてください。

飲んでくれると思います。

大体でいいのですが、お水7に豆乳3くらいの割合であげるといいですよ。

豆乳は植物性のタンパク質が豊富ですし、お水で薄める感じであげるとすぐに水分補給をさせたい時に便利です。

 

またこれは真夏の暑い時にも熱中症予防にお水を飲ませたいと思った時にも同じようにして飲ませると脱水症状を予防し、水分が入ることで腎臓への負担を防ぎます。

 

犬は意外と寒がりです

我が家のシェルティーは冬になると床暖房の部屋や暖房器具の前などがお気に入りの場所で、お散歩もしっかりと防寒用の服を着て歩きましたが、あまり寒い日は玄関から動こうとしない日もあります。

そんな時は、今日は寒いから歩きたくないのかな、と無理には歩かせませんでした。

犬って普通は素足ですよね(笑) ですから、冬の道路面の冷たさを足裏のパッドで直接感じるので、それが嫌いな子も少なくないみたいですよ。

 

寒がりの犬

寒がりの犬

犬が快適と感じる気温は20度前後だと言われてますよね。

冬は暖房しているので、室内は20度以上あると思いますが、夜などクレートでひとりで寝させる時は、クレートの中に温かい毛布など入れてあげましょう。

犬って毛布に潜り込んで寝るのが大好きですよね。

雪がふるような特に寒い日は、ペット用のホットカーペットとか、小さい湯たんぽをタオルにくるんで入れてあげると喜びますよ。

 

 

 

【スポンサーリンク】