アレルギー犬の食事とケア

食品アレルギー犬の栄養摂取や手作りご飯やケア方法など

ドライフードの原材料をよく読んでみてください。

なぜ手作り犬ごはんを勧めるのか

ドライフード

ドライフード

元々はうちのシェルティーが食物アレルギーがありほぼお肉は食べられなかったので市販のフードは食べさせることができず、手作りをはじめたのがきっかけです。

 

その時に知ったのですが、一般的にはプレミアムフードと言われている値段の高めのフードにも実はあまり好ましくない物が使われているものがとても多いのです。

 

一度、いつも利用しているフードの原材料表示をよく読んでみてください。

 何の事かよくわからない表示のものは多くは添加物であったり、着色料や保存料、そして特に気をつけたいのは、4Dミートと呼ばれる粗悪原料です

どんな動物の肉なのか、どのような状態の肉なのか、どこで仕入れた肉か、

どこで加工されたものか、これらの情報開示がないものは私は自分の犬には食べさせないですね。

 

  • ミートミール
  • フェザーミール
  • ミートパウダー
  • チキンミール
  • フィッシュミール
  • 魚粉
  • 骨粉
  • 肉類副産物
  • 家禽ミート

上記などがいわゆる4Dミートとよばれる粗悪な原材料のことです。

この4つのDとは 「Dead Dying Disabled Diseased」のことです。

死んだ動物の肉、死にかけている動物の肉、何か不具合の動物の肉、病気の動物の肉

この4つのことです。

 

ヒューマングレードと言われる人間が食べる基準の物はこういったものは含まれません。 もちろん、人が食べる肉はきちんとした衛生基準と加工工程を経ています。

 

ペットも大事な家族ですから、粗悪な材料から作られているものは食べさせたくないですよね。

 

ドッグフードには人間の食べ物のように厳しい基準がないので、このような材料を使うことが許されているのですが、簡単に言えば、人間が食べるための基準には達していない肉、本来なら廃棄されるべきものです。

しかも、無添加といってもドッグフードには使っても許される添加物といのがあります。

けれども添加物は肝機能障害、がん、遺伝子異常を引き起こす原因となることがわかっています。

本当に添加物や保存料がなかったら、1キロ入りとかで買ったフードがカビも生えずに常温で1週間以上腐敗せずに保存できるのが不思議じゃないですか?

ドライフードは水分が少ないから品質が安定している、とよくメーカーは言いますが

真空状態で保存してあるわけでもなく、外気と遮断されているわけでもない普通のパッケージのフードが何日も変化しないほうが不自然だと考えます。

例えば、地震などに備えるために非常用の食品は賞味期限が5年以上あるもの出ていますね、それらは完全密閉で開封しないことが条件で5年の賞味期限があるわけです。

通常の状態のドッグフードが無添加なわけがないですよね。

そもそも、許されている添加物なら入っていても範囲の内なら無添加と表記できるのが現状なのですから。

みなさんのワンちゃんは1キロのフードを何日で食べ終えますか?

 

少なくとも人が食べる肉、野菜、魚、など人間が食べるのと同じ材料でごはんを作ってあげたいと思っています。

食物アレルギーがあり、普通のフードが食べられなかったシェルティーが手作りご飯で18歳まで病気もせずに長生きしてくれたのは、食事にあると思っているのです。

 

ですから、その後に迎えたトイプードルにも手作りご飯をあげています。

この子はお肉にアレルギーがないので、普通に家族の食事を作る時に使う肉や魚を少しとりわけて、野菜や麺類と一緒に煮込んで作っています。

人間のご飯を作るよりも簡単だし、味付けもいらないし、やわらかく煮込むだけなのでお鍋一つで作れます。

 

私は2週間分くらい一度に作って、ジップロックに保存して冷凍しています。

2日くらいならタッパーで冷蔵庫保存で大丈夫です

野菜とタンパク質を煮込む

野菜、鶏肉の煮込み

野菜、鶏肉の煮込み

今日、ちょうどうちのトイプードルのために犬ごはんを作ったので保存のしかたと簡単なレシピを載せようと写真を撮りました。

先代のシェルティーはお肉にアレルギーがあったので、動物性タンパク質にお肉は使わなかったのですが、今のトイプードルはお肉も大丈夫なので野菜と一緒にささみや鶏の胸肉などの脂肪の少ない部位を細かく刻んで、野菜が柔らかくなるまで煮込むだけです。

今回は、白菜、にんじん、ささみを細かく(小型犬なので結構小さく刻みます)してお鍋で野菜が充分にやわらかくなるまでグツグツ煮込むだけです。

 

犬は雑食だと言われていますが、どちらかと言うと肉食よりです。

野菜をまったく食べないのはビタミンや食物繊維が取れないので問題ですが、

何より犬は人間よりもタンパク質の必要量が人間よりも多いです。

ですから肉、魚、玉子、など動物性のタンパク質と豆腐や納豆などの植物性のタンパク質を両方しっかり取らせる必要があります。

 

手作り犬ごはんはどの位の量をあげればいいの

良く聞かれることが量の問題です。

ドライフードなら体重が3キロなら一日に何グラム、とか書いてありますよね。

それはあくまでもそのフードの場合なら、という事です。

100グラムあたりのカロリーはフードにより変わってきますよね。

手作りご飯の場合、大まかな目安として、その犬の頭の大きさが一回分の目安、とされています。

ただ、これはあくまでも目役です。

本当に適量を知るためには、食べたあとの犬の排泄の状態で決めます。

お腹がゆるい感じなら、多過ぎるし、固くて排泄が大変そうならもう少し量を増やしてあげます。

あまり神経質にならなくても大丈夫、手作りごはんは材料がわかっているから安心だし安全です。

それになんと言ってもワンちゃんがとても喜んでくれますよ。

いつもはドライフードを食べてるワンちゃんならぜひ一度試してみてください、喜び方が違いますよ。

 

 

 

【スポンサーリンク】