アレルギー犬の食事とケア

食品アレルギー犬の栄養摂取や手作りご飯やケア方法など

犬との暮らしは楽しい!理解してほしい「犬と暮らすということ」

母犬と眠る子犬

母犬と眠る子犬

犬のいるメリット

犬が毎日の暮らしにいることのメリットは、何より可愛いということです。

 

愛らしい姿もそうですが、懐いてくれていっしょにお散歩にいくときに本当に嬉しそうにするんです。

 

外出から帰ってきたら、玄関で熱烈歓迎してくれます。

こんなことされたらもう誰だって笑顔になってしまいますよね。

 

一緒に旅行に行ったり、季節ごとのレジャーも一緒に楽しめます。

 

その時の愛犬の楽しそうな姿や家族が全員笑顔になれる時間など、犬のいるメリットは家族が幸せになる、と言う事ができると思います。

 

そして、犬は人間よりも嗅覚や聴覚が優れているので、誰かが敷地に入ってくるといち早く犬が気配に気付いて教えてくれます。

 

ある日、早朝の3時に愛犬が急に起き出して玄関の前に行き、吠えたんです。

私たちも時間が朝の3時ということもあって、一瞬、緊張しました。

でもなんと新聞配達の人だったんです。

 

これまでの新聞配達の人から新しい人に変わったようで、犬はいつもの人と違う足音とか歩き方の癖みたいなものまで聞き分ける事ができるんですよ。

 

誰かがわが家を訪ねて敷地内に入ると、玄関のチャイムが鳴るよりも先に、敷地内に誰かいるよ、と教えてくれます。

 

これはもう防犯上もとても優秀な警備員がいるような感じです。

 

夜中でも早朝でも、寝ていても家族以外が敷地に入るとすぐにわかるんですよ。

 

こういう犬の能力を活かした仕事が警察犬や探知犬ですよね。

本当に頼もしい能力をもっています。

 

泥棒は大きな声で吠える犬のいる家は避けるって聞いたことがあります。

 

我が家の犬は別に番犬としての訓練はしてないけど、本能として犬にはテリトリーを守り、危険を知らせるという能力があるからだそうです。

 

ちなみに、この新しい新聞配達の人は今では足音を覚えたので、早朝に吠えることはありません。

危険じゃないとわかると静かに眠っています。

爆睡の犬

爆睡の犬

子犬との楽しい時間

子犬ってなんであんなに可愛いんでしょうね。

思わず撫でてあげたくなりますね。

 

子犬がいると日々の成長をリアルタイムで見られるし、どんどん色んな事を覚えていく過程もみられます。

子犬が遊ぶ様子はもう可愛いし、天使って子犬のことじゃないか、って思うくらいです。(笑)

 

子犬がお昼寝している様子なんて何時間見ていてもあきないくらいです。

どんどん色んな事を覚えて、色々な事ができるようになって、自己主張もするようになって、その成長を目の前で見られるのはとても幸せな事です。

命を預かる覚悟

犬を家族に迎えて暮らすということは、その命を預かり責任を持つという事です。

まだまだ不幸にも捨てられてしまう犬も日本にはたくさんいます。

 

子犬は小さくて可愛かったけど、成犬になったら大きくなりすぎてしまった、とか転勤で犬が飼えない環境になった、など色々な言い訳を聞きますが、あえて厳しい表現をしますが、自覚が足りないという事です。

 

人間の子供なら転勤しても、成長しても同じように簡単に放棄することなんて許されませんよね。

 

人間であっても犬であっても、命に対して責任を持つという事の重さをリアルな事として知ることができます。

 

命の一生を預かる、その重要性と覚悟をしっかり自覚することができます。

 

愛情をもって暮らしてきた家族の一員である犬は人間よりもずっと寿命が短いです。

犬の時間は人間の4倍の速さで過ぎていく、とよく言われますが、必ず犬とのお別れの時もやってきます。

 

悲しいことですが、命には必ず終わりの時があるんだという事実を見ることができるのはあまり機会がないことです。

常に愛情深く接してくれる犬の優しさや、その一生を通して人に命の重さを身をもって見せてくれる犬には、私たち人間が教わることが多いです。

まとめ

犬と暮らすことは楽しくて、幸せな時間を持てるという事です。

犬はあなたやあなたの家族にすてきな思い出をたくさん残してくれるでしょう。

 

犬がいることで家族の会話もつながりもより強いものになるでしょう。

 

犬の優秀な能力が頼もしくなり、信頼関係も強くなりますよ。

そして一番大事なことは、命を預かることの重さを現実の事として理解することができるようになります。

【スポンサーリンク】