アレルギー犬の食事とケア

食品アレルギー犬の栄養摂取や手作りご飯やケア方法など

手作り犬ご飯を続けてわかった!メリットとデメリット

手作り犬ご飯

手作り犬ご飯

犬の栄養士platyです。

愛犬のご飯を手作りする、というとハードルが高そうと思われがちですね。

私も最初はそう思っていました。

 

その後、犬の管理栄養士の資格を取り、18年以上手作り犬ご飯を作っています。

そして、始めてみると良いことばかりです。

犬は健康的になるし、美味しいので喜ぶし、作ってみると考えていた時より面倒じゃないですよ。

そうは言ってもメリットばかりじゃなく、デメリットやこんな時はちょっと不便だったという部分も書いて比較してみました。

 

手作りご飯はこんなに簡単、犬にも良いことがたくさん

はじめて犬を飼ったとき、ブリーダーさんから渡されたドライフードのパピー用を毎日、お湯でふやかしてあげていたんです。

 

ほどなく、その子犬が食物アレルギーがあることがわかって、ドライフードが食べられない事がわかりました。

 

身体に合うフードがみつかるまで、ご飯は手作りするしかなかった、これが私が手作りご飯をはじめた理由です。

それまでは、私も犬を飼ったらご飯はドッグフード、と何の疑問も持たずにそれが普通だと思い込んでいました。

 

迎えた犬が食物アレルギーだったので、とりあえず手作りご飯じゃないと、うちの子が食べられるドッグフードが見つからなかったのです。

犬の栄養の事、どの位の量をあげればいいのか、まったく知識がなくて、勉強しながらご飯を作っていたという時期です。

この頃に犬の管理栄養士の勉強をはじめながら、我が家の犬のご飯を毎日作っていました。

 

必要に迫られて始めた手作りご飯だったので、レパートリーは2つだけでした。

野菜、タマゴ、白ご飯を煮込んだ物とパスタとニンジンとブリのお刺身に湯通しした物、この2つだけです。

それでも、すぐに違いがわかるようになりましたよ。

手作りご飯を始めてから愛犬のアレルギーも治まって、毛艶も良くなり、被毛の手触りも皮膚の状態も別の犬みたいに健康な状態になったんです。

 

フードを食べてる時は、痒がったり、目の周りが赤くなり本当に可哀想でした。

そんな愛犬が手作りご飯を食べるようになってから、どんどん変わって皮膚の状態も良くなり、毛艶も爪の伸び方まで変わってきました。

その時、はじめて ”食べた物で身体は出来ている” と実感しました。

実例:手作り犬ご飯のメリットとその驚くほどの変化と効果

  • 手作りご飯は使う材料が選べる、原材料を自分で取捨選択できる
  • 冷蔵庫にある材料で簡単に作れる
  • アレルゲンを避けることが簡単
  • 栄養バランスを整えることが簡単
  • 体重管理が楽になる
  • 冷凍保存でまとめ作りができる
  • 美味しいので手作りご飯のほうが犬が喜ぶ

犬ご飯を手作りすると使う材料が選べる

自分で手作りするのですから、当然、どの材料を使うのか、どの位の量を使うか、バランス、組み合わせ、全部自在に作れます。

これは、自炊をしている方や、料理をする人にはわかると思いますが、自分のお弁当とか、家族の食事を作っていると、材料はかなり余裕があるという事です。

犬のために少しだけ今日のメニューの中から取り分けるのは、難しくない事なのが解ると思います。

 

犬はタンパク質、ビタミン、ミネラル、炭水化物、といった必要な栄養素は人間と同じです。 

人間も犬も同じ哺乳類ですから、基本は変わりません。

ただ、犬のほうが人間よりも、肉食寄りなので、比率としては以下のように覚えると問題はありません。

タンパク質2:ビタミン・ミネラル類1:炭水化物1

この比率で用意してあげると栄養バランスはまずは心配ないですよ。

足りない微量栄養素や特に取らせたい栄養素はトッピングやサプリメントで補うと楽だし簡単だし、手作りのハードルがぐっと下がりますよ。

完璧主義にならなくてOK 1週間単位でバランスの帳尻を取る

今、自分の家の冷蔵庫にある野菜や肉、魚、穀類などを使うと楽です。

人間もタンパク質や野菜や炭水果物は日々の食事で取りますよね。

その材料を少し犬のために回すという事です。

これなら、肉や魚、野菜、穀類を一緒にお鍋で煮込んであげるだけで犬のご飯は作れますから、犬用にわざわざ材料を揃える必要はないですよ。

 

犬用手作りご飯は、お鍋で煮込むだけで、味付けは必要ないので、むしろ人間用のご飯を用意するよりもずっと簡単です。

 

栄養バランスを気になる人もいますよね。

私も始める前はそれが心配でした。

でも、犬の栄養学を勉強していた時、先生に質問したら気が楽になりました。

「毎回ベストなバランスでなくてもいい。今日、野菜が足りなかったら明日その分野菜を意識して、バランスの帳尻を週単位で合わせると簡単です」

こう言われた時に、自分でも少し肩に力が入りすぎていたかな、と思いました。

私は主婦なので、家族の食事は私が作っていますが、考えてみれば人間の食卓も毎回栄養的に100点かと言われたら、そうじゃないです。

 

でも、家族全員健康で今年も過ごせました。

総合的にバランスは誰もが気にしているでしょうし、タンパク質が足りないとこれは本能的に要求があるので、肉や魚、タマゴや乳製品など、なんだか分からないけど、食べたいぞ~、って時があるでしょ? そこで摂取できるように動物は出来ています。

3大栄養素と言われる、タンパク質、脂質、炭水化物に関しては、身体からの欲求があります。 人間を含め、哺乳類の命を維持するため不可欠な栄養素だからです。

 

一方で厄介なのが野菜です。

簡単には取れないのが、野菜類とされていますが、これは現代人ならみんな意識しり、気にしている人は多いのではないでしょうか。

 

野菜が足りない、という意味は、ビタミン各種、ミネラル各種、食物繊維、を取るために野菜や果物が補給源となるからですね。

でも、外食の多い現代人には必要量の野菜を毎日食べられている人は少ないと思います。 

 

厚生労働省の推奨している、理想的な野菜の摂取量って、350グラムとされています。

でも、各年代別に調べたところ、どの年代においても足りていない、という調査結果が出ています。 

ー資料:平成23年厚生労働省「国民健康・栄養調査」ー

 

350グラムって、どの位の量かイメージできますか?

大ざっぱに言うと、両方の手の平に淡色野菜、緑黄色野菜を合わせて山盛り一杯くらいの量なんですよね。

結構あると思いませんか?

もちろん、火を通してしまうと野菜はカサが減るのですが、熱には弱い栄養素もあるので、一定量は生食であることが望ましいとされています。

 

その解決策として、ビタミン剤などのサプリを利用したり、青汁などで緑黄色野菜を簡単に取る人もいますね。

手軽さは忙しい現代人には重要な要素ですね。

 

ビタミン剤や青汁を飲むことで、野菜を食べるよりも簡単に、しかも手間なく不足している栄養素を取りたいと思っている人が多いからですよね。

時間に追われる生活を送る人達には、このように合理的に必要な栄養素を補給することがとても大事だということは、私も賛成です。

  

人も犬もストレスと闘うにはビタミンが必要だし、免疫力を上げるためにも緑黄色野菜のβカロテンなどの抗酸化物質が必要になります。

また、便秘などを防いで腸内環境を整えるためにも、善玉菌のエサとなる食物繊維が必要になるわけです。

理想は野菜などをたっぷり食べてそれらの栄養素を取れることです。

でも、野菜は元々季節や天候によって値段が大きく変わってくることもあり、たくさん食べる事が難しい食品の一つでもありますよね。

 

ですから、解決策としてのサプリメントは私は有りだと思っています。

それで足りないビタミンやミネラルが補えて、結果、健康な食生活の助けになるなら、それも健康管理のひとつの方法だと私は考えています。

 

 

このくらいザックリとした感じで食生活を組み立てることで大丈夫です。

栄養バランスの事ばかり気にしていても、生きていけませんよね。(笑)

他にもしなくちゃいけない事がたくさんありますしね。

 

 

ただ、人間は普通に食べる物でも、犬には食べさせてはいけない物があるので、ここだけは、覚えて下さいね。

安心してください、簡単なので、誰でも覚えられますよ。

 

犬にあげてはいけないもの。

ネギ類

チョコレート

キシリトール

シュウ酸を多く含む野菜(腎臓の負担や尿路結石の原因になる)

犬が消化できないものは使わない。

アレルゲンとなる食品があれば、それは避ける。

 

特に食物アレルギーがないワンちゃんなら、注意食品さえ除けば使える材料は自由自在ですね。

食物アレルギーがあるワンちゃんは、アレルゲンになる食材は使わず、代替の食品を探して使うようにすれば問題なく作れます。

 

栄養バランスは完璧を目指さなくても大丈夫!

私たち人間も毎日色々な物を食べているけど、栄養学的にバランスは完璧かと言われるとそうでもないですよね。

だから、1週間単位で過不足なく栄養補給すればいいと決めると気持ちが楽になります。

実際、バランスが考慮されているとされている、小学校の給食ですが、日々のメニューだけでは、やはり問題が残っています。

けれども、1週間でバランスの帳尻を合わせると決めると、バランスの計算はとても簡単になりますよね。

例えば、今日は野菜が少なめだった、と思うなら、次の週は野菜の種類や量を増やして結論でバランスを取る、と考えると気持ちも楽になりますね。

 

手作り犬ご飯は体重管理も楽々です

犬といっても、犬種によっても、体格が違うし、利用的な体重って探し出すのは難しいですよね。

そして、労働をする犬やスポーツ競技をする犬など、環境によっても変わってきます。

ここでは一般的な家庭犬を参考に書いていきます。

 

体高とか体長、犬種など関係なく、まず自分の犬の背中を触ってみて下さい。

背骨の位置にそって指先で首からシッポのほうへ触ってください。

指に背骨のゴツゴツとした凹凸の連続を感じられるなら、そのワンちゃんの体重はほぼ標準だとされています。

 

そして、もう一つのポイントは、後ろ足の付け根、モモの部分ですね。

ここは犬の筋肉がもっとも発達していて筋肉の弾力を感じられる場所です。

長毛種の子はできるだけ毛をかき分けて、筋肉を触ってみてください。

足の動きにつれて筋肉の動き、弾力、などがしっかり伝われば健康な筋肉量だと考えていいとされています。

細いかな、と思ったら、ササミや胸肉などのタンパク質スコアの高い食事を与えてお散歩も少し増やしてあげると、1ヶ月くらいで変化を感じてくると思います。

 

このように体重や筋肉の管理が手作りご飯だと簡単に調整できます。

何より、手作りご飯には水分量がたくさん含まれているので、消化吸収率もいいのです。

ドライフードは、日持ちがしますが、水分量が少ないので、お水をたくさん飲ませないとフードの栄養が吸収できません。

これはどんな動物でも言えることですが、栄養を身体が消化吸収するには、水分がたくさん必要なのです。

ドライフードを主食にしているワンちゃんはお水の摂取量が足りない子が結構おおくて、ウンチを見るとよくわかります。

固くて、コロコロの便は水分が足りない証拠です。

これだと、どんなに素晴らしいフードでもその栄養をしっかり吸収できていない事になりますね。

お水でふやかしたり、フードを食べた後にたっぷりお水を飲ませるようにしないと、尿路結石の原因にもなり、腎臓に負担がかかってしまいます。

 

手作り犬ご飯も冷凍保存で2週間は大丈夫

毎回作るのは忙しいから大変、という人もいますよね。

犬ご飯をまとめて作って、冷凍すれば、2週間はじゅうぶん大丈夫ですよ。

わたしもよく冷凍犬ご飯を作っています。

小さいサイズのジップロックに一回分ずつ分けて冷凍しておくと、レンジで1分くらい加熱すれば解凍しますよ。

時間に余裕があれば、冷凍庫から出して冷蔵のほうへうつして数時間で良い感じに溶けてきますから、そのままお皿にだしてあげたら大丈夫です。

手作り犬ご飯は、同じメニューが続いても犬は文句も言いませんし、毎回喜んで食べてくれます。笑

見た目がキレイじゃなくても、犬がテンション下がってご飯を食べないなんて事もないから大丈夫。笑

 

ちなみに、下の写真は先週作って、冷凍した手作り犬ご飯の解凍したものです。

人間から見たら、あまり美味しそうじゃないかもしれないですが、解凍した犬ご飯のリアルな写真を披露します!

解凍した手作り犬ご飯

解凍した手作り犬ご飯「緑黄色野菜の鶏おじや」

かぼちゃ、ブロッコリー、にんじん、鶏胸肉の鶏おじやなんですが、決してキレイにできあがったとは言えないけど、栄養的には負けない内容です。

人間なら絶対文句が出そうな感じですが、犬は喜んでくれます。

食べる直前にアマニ油を小さじ1たらしてあげます。

これでオメガ脂肪酸が取れます。

冷凍をうまく利用すれば、手作りご飯も面倒じゃないですよ。

犬だって絶対手作りご飯のほうが美味しいと感じてるはず

イルカが大好きなトイプードル

イルカが大好きなトイプードル

ちょっと余談ですが、(笑)上の写真はうちのトイプードルです。

先日、犬と一緒に入館できる水族館に行った時の写真です。

 

この水族館は犬連れには有名なのでご存じの方も多いと思います。

ここは、犬が大好きなイルカがいることでも有名ですよね。

 

イルカショーを見る前に、このイルカのプールの壁際に犬がいるとイルカは寄ってきてくれるんですよね。

このときも、このイルカ君、かなりの時間トイプードルと鼻先をくっつけるようにして挨拶してくれました。

イルカショーも犬と一緒に見られるので犬連れ家族には嬉しい水族館ですね。

イルカショーではプールでイルカがジャンプした水しぶきがかかるような席でいっしょにびしょ濡れになりながらショーを見られるので、我が家では何度もリピートしている水族館です。

 

保健所への登録済み証(鑑札)と狂犬病予防ワクチンのワクチン済証を入り口で見せると犬は500円(確か500円だったと思います)が入場料です。

この水族館は、神奈川県三浦市にある「京急油壺マリンパーク」です。

関東圏内の方ならドライブがてらに行きやすい距離です。

入場料は大人1800円 犬は大きさに関係なく1頭500円です。

犬は鑑札と狂犬病ワクチンの証明書を持参しないと入園できないので、お忘れ無く!

それと、車で行く方は、別途駐車場が800円必要です。

 

園内はリードをつけて歩かせることもできるし、海の側なので園内から海を眺めたり、終日楽しめる水族館です。

 

 

さて、だいぶ話しが反れてしまったので、戻しますね。

うちのトイプードルは何でも食べてくれますが、旅行の時などはドライフードも食べますが、喜びかたが本当に違います。

やっぱり手作りご飯のほうが喜びますよ。

これは作った人じゃないと分からないと思うんですが、リアクションが全然違うんですよ。

人間も、毎日外食とかコンビニ弁当とかばかりだと、お家のご飯とお味噌汁とか、奥さんやお母さんの作るカレーとか、食べたくなりませんか?

わたしは、それと似ていると思っているんですが、本当に犬は正直です。

大喜びで食べてくれる姿を見てると、「ママのご飯が一番おいしい」と言ってくれてるように思っているわたしは、犬ばかですかね。笑

健康状態も良くなるのは、見ていてわかるんです。

毛艶とか、目の輝き、爪の伸び方なんかも早いです。

それは新陳代謝がいいという事ですから、結果、健康的にも良いってことですよね。

不安なら、半分フードで半分手作りご飯みたいな感じでもいいし、週に1回でも試してみませんか。

 

手作り犬ご飯のデメリットも考えてみました

手作りご飯の良いところをたくさん書きましたが、デメリットだと思える部分もあげてみました。

  • 自炊や料理をしない人には負担になる
  • 季節や天候次第では野菜が高額になる事もある
  • 冷凍保存するために、冷凍庫のスペースを取る
  • そもそもお鍋や調理器具をもってない
  • 手作りはお金もかかりそうだ

このような感じでしょうか。

自炊や料理をしない人には負担になる

一人暮らしの方などで、自宅では料理はしないという場合は、確かに手間が増えることになりますよね。

もちろん、わたしもドライフードを否定しているわけじゃないので、そのような場合なら、身体に合う信頼できるフードをあげる事もいいと思います。

 

天候次第で野菜は値段が高くなる事がある

そうですね、特に今年のように台風などの被害が甚大になると農作物はすぐに影響を受けるので、価格の安定性はないですね。

これは、きっとちょっとした工夫で乗り切ることができるように思います。

わたしは主婦なので、家族の食事を毎日作っていますが、野菜が高い時期は、値段の安定している別の野菜で代用したり、冷凍野菜などを利用してました。

世の中の主婦達は材料の価格が高騰しても、日々の家族の食事をしっかり作ることはなんとかしなくてはいけないからです。

でも、作る事が大変なら、当然ですけどドライフードをあげても良いんです。

ドライフードはバランスが最初から取れているものですし、日持ちもするので、災害時などの時にも便利です。

非常用の食料としてドライフードを備えている人は多いですね。

わたしも非常用の食事として、犬にはドライフードと缶詰のフードを用意してあります。

 

冷凍保存のために冷凍庫のスペースを取る

そうですね、手作りご飯は、保存するためには冷凍する必要があります。

そのために、冷凍庫にストックするわけですから、ちょっとだけスペースは取りますね。 でも、冷凍食品などの大きさから比べたら、とても少量だし、工夫次第で小さく冷凍ストックすることができますよ。

冷凍保存ができるフリーザーバッグとか、ジップロックなどサイズも豊富だしペタンと薄く冷凍できるので省スペースになります。

料理をしないので、お鍋など調理道具をもってない

そうですね、一人暮らしの方の中には、家では料理をしないので、道具は何ももってない、という人もいますよね。

わかりますよ、一人だけなら作るより買ったり、外で食べた方が余ったりしないから合理的なんですよね。

このような場合もドライフードがぴったりだと思います。

ドライフードなら必要な量だけ出してあげたらバランスのとれた食事になるわけですから、それがいいと思います。

犬のご飯のために道具から用意するのは本末転倒です。

ドライフードのメリットが最も発揮されるケースだと思います。

 

手作りご飯はお金がかかりそう

これは、そうでもないと思いますよ。

犬のご飯を手作りするから、食費の予算が多くなったという事は、うちではないですよ。

犬は、特に小型犬なら顕著ですが、大した量は食べないです。

今、うちにいる3キロのトイプードルの1回分のご飯なんて本当に少量です。

目安ですが、犬の頭の大きさと同じくらい、と言われています。

小型犬の頭の大きさというと、女性の握りこぶしよりも小さいくらいですよ。

その量が1回分だと考えると、家族のご飯を作るときに、材料の野菜やお肉をちょっと分けて、それで作るという感じで充分ですよ。

なので、食費的な事では、うちでは特に変化はないです。

 

わたしが考えるデメリットとはこんな感じですね。

何度も言いますが、わたしはドライフードを否定しているわけではありません。

うちでも、場合によってはドライフードを利用しますし、確かに便利ですよね。

一方、わたしは、酷い食物アレルギーを持っていたシェルティーを育てた経験があり、その子はあまりにもアレルギーが多すぎて、自分で作るしかなかったのです。

 

その時に犬の栄養学を勉強しました。

そして食べ物の多くにアレルギーがあったのに、ほぼ一生を手作りご飯で健康に元気で過ごせたのは、やっぱり少しの手間と愛情をかけた、手作り犬ご飯のおかげでは、と思っているのです。

手作りご飯をはじめてから、ひどかったアレルギー症状も治まり、皮膚も被毛もきれいになりました。

このシェルティーはまだ私が独身で会社員をしていた頃に飼っていた犬です。

その子は18歳まで生きてくれました。

16歳の時に元気な長寿犬として、住んでいる市から表彰もされました。

よく人間の100歳以上のご長寿さんを表彰したり、市長がお祝いしたりしますよね。

あんな感じの犬バージョンです。笑

 

中型犬の18歳ってすごく長生きなんです。

大きな病気もせず、無くなるその日の午前中は普通にお散歩もしたんです。

15歳を超えた犬で自力でお散歩したり、トイレに行けるのは、結構すごい事なんです。 多くのワンちゃんは後ろ足の力が入らなくなって、立てなくなる子が多いんですよね。

18歳と言ったら、人間なら100歳くらいの老人です。

日課だったお昼寝をしながら、眠るように穏やかに天国へ行きました。

 

それからです、わたしが手作りご飯のほうがいいかも? と思ったのは。

その後にうちに来た、トイプードルも手作りご飯で育てていますが、毛艶もキレイな状態ですし、とっても健康です。

 

できる時や、つくる時間のあるときだけでも試してみると、違いがわかると思います。

愛情をかけて育てて、一緒に暮らす家族なのですから、わたしは出来る限り手作りご飯を作ってあげたいと思っているだけなんです。

 

まとめ

わたしが考える手作り犬ご飯のメリットは7つです。

そして、デメリットは5つです。

ざっくり言うと、手作り犬ご飯をあげているほうが、犬は健康状態が良好に保てると、自分自身が18年実践してきた実感です。

デメリットとしては、ひとり暮らしで、自宅では料理をしない人や、そもそも料理道具をもっていない、という場合は犬のために手作りご飯を作ることは現実的に負担になるでしょうし、難しいので、ドライフードという選択が良いと言えます。

ドライフードを否定するわけではありません。

手作り犬ご飯のほうが、その時その時、犬の健康状態に柔軟に対応できると思っています。

それでも、災害時など非常時には保存ができるドライフードはとても便利だし利用すべきと思っています。

もちろん、普段でも適度な量をあげていれば、バランスの取れた総合食としてドライフードは優れていると思います。

【スポンサーリンク】