アレルギー犬の食事とケア

食品アレルギー犬の栄養摂取や手作りご飯やケア方法など

犬が乾燥と寒さを乗り切るために!冬期ケア2選&冬の皮膚に必要な栄養素

犬のための冬期ケア

犬のための冬期ケア

犬の管理栄養士platyです。

人間も冬は空気の乾燥に悩んだり、寒さで筋肉が固くなってケガが増える季節です。

犬にとってもこの時期は乾燥による皮膚トラブルや、寒さで筋肉や関節に栄養を送る血流が悪くなりがちです。

元気に冬を乗り切るために、乾燥対策と代謝アップの冬期ケア2種類を紹介します。

【犬の冬期ケア・乾燥対策編】空気の乾燥で起こる皮膚トラブルと保湿について

 低温と乾燥は、人にも犬にも冬の大きな悩みですね。

犬は汗腺がほとんどないので、乾燥による皮膚のトラブルに悩む子が多いのも寒い時期の特徴です。

皮膚は乾燥すると、外気からの刺激に弱くなり、痒み、乾燥、などで犬は皮膚から出血するまで掻きむしってしまう子もいます。

キズ口から化膿すると今度は2次感染から重篤になる場合もあるので、早めに皮膚を保湿して健康な肌と被毛を保つケアをしましょう。

 

シャンプーはドライスキン用を

シャンプー中の犬

シャンプー中の犬

乾燥するからと、シャンプーを控えるのは間違いです。

犬用のシャンプーは洗うという意味と、スキンケアという意味の両方があるからです。

人間でいうなら顔を洗ってから、ローションや保湿クリームを塗るのと同じような感じに捉えると分かりやすいでしょうか。

薬用と明記のある、ドライスキン用のシャンプーを泡立てて、しっかり濡らした肌と被毛を洗っていきます。

泡立てたシャンプーはふわっと肌や被毛を包み込んで刺激は少なく洗うためにとても効果です。

泡立てるのにお勧めなのが、100均でも売ってる泡立てネットです。

泡立てネット

泡立てネット

私も100均で買ったネットを愛犬のシャンプーに使っていますが、キメの細かい、弾力のある泡が作れるのでとてもいいですよ。

犬の身体に泡立てたシャンプーの泡を乗せていくような感じで全身を洗います。

シャンプーのブランドはお好みのものでいいですが、低刺激の物なら犬の顔を洗っても目にしみないので、犬が嫌がりません。

 

次にすすぎですが、シャワーの温度は低めにして、泡が残らないように丁寧に洗い流してください。

その後、犬用コンディショナーを適量のお湯に溶かして、犬の被毛全体にゆきわたるようにかけて、被毛によく揉み込んであげます。

犬用のコンディショナーは静電気を抑えて、肌を被毛を保湿する成分が入っているので、カサカサ肌の犬にはとても効果的ですよ。

その後はタオルドライでしっかり水気を取り、全体を拭いてあげましょう。

シャンプー後の犬

シャンプー後の犬

タオルドライをしっかりすると、この後のドライヤーの時間が短くなるので楽です。

ドライヤーの温風とスリッカーで被毛を起こしながら、乾かしてあげましょう。

忘れがちな耳や足の裏もしっかり水分を残さず乾かします。

完全に乾いたら、分かると思いますが、コンディショナーを使うと感触も変わります。

これだけで、保湿と静電気予防にとても効果的です。

乾燥が酷い犬は、鼻先に薄く白色ワセリンを塗ってあげると鼻の乾燥に効果的です。

 

【犬の冬期ケア・血行アップ編】低温による血流低下を改善してケガ予防

寒いと身体の代謝も落ちるし、血流も悪くなりがちです。

血行が悪い時は、筋肉や関節などを痛めたり、ケガにつながる事があります。

寒い季節もお散歩や運動は、健康上も必要ですが、寒い日にいきなり温かい室内から外へ出て、運動させるのは危ないですね。

スポーツ選手もウォームアップして、筋肉を温めてから動きはじめないとケガにつながるので、じゅうぶんな準備運動をしますね。

犬も散歩で歩いたり、ドッグランで走ったりするまえには、関節や筋肉をしっかり準備運動してあげましょう。

血流があがってくると、動きも良くなり、ケガ防止にとても効果的です。

簡単なウォームアップ方法

お散歩前などに、スキンシップも兼ねて背中、前足、後ろ足、パッド、首回りなど掌で撫でて、軽くマッサージします。

このときに、全身をよく観察して、皮膚に異常はないか、痛がる場所はないか、などよく見てあげます。

身体をゴロンと回転させて、お腹もよくマッサージしてあげます。

犬はお腹が地面に近いですから、ここから冷気の影響を受けます。

そのまま、後ろ足の腿のあたりの筋肉は一番大きな筋肉で、跳躍力にとって大切な部分ですから、両脚の曲げ伸ばしをゆっくりはじめて、準備運動します。

これだけで、犬の身体が温まってくるのが分かります。

外が寒い時期は、準備運動と血行促進を兼ねて行うことをお勧めします。

ウォームアップで捻挫や腱を痛めることも防ぎます。

マッサージ中の我が家の愛犬

マッサージ中の我が家の愛犬

そんなに長時間する必要はないです。

うちではだいたい5~6分程度です。

これをやってから、お散歩に行きます。

 

これ、スキンシップにもなるし、全身をよく見ることができる、とてもいい時間でもありますよ。

寒い時期には、いきなり運動させないようにしましょう。

ケガの予防にとても有効です。

 

【犬の冬期ケア・栄養素編】免疫力を上げて、皮膚の状態を良好に保つ

オメガ3脂肪酸、でこれは体内で作ることができないので、食品から取る必要があるもので、必須脂肪酸の一つです。

免疫や皮膚、被毛、身体のあらゆる機能を正常に保つためには欠かすことができない栄養素の一つです。

青魚に多く含まれていますが、犬がオメガ3脂肪酸を取るために魚から必要量を取るのは、現実的ではありません。

そこで、アマニ油をご飯の仕上げに小さじ半分ほどちょくせつかけてあげます。

アマニ油は酸化しやすい油ですから、加熱はダメです。

ご飯にちょくせつかけてそのまま食べさせてあげましょう。

アマニ油は最近とても注目されているので、スーパーなどで買うことができます。

保存は冷蔵庫で保存します。

もちろん、アマニ油は人間にも必要なオメガ3脂肪酸なので、納豆にかけたりして食べる習慣を作るのはお勧めです。

熱に弱いので、熱いものにかけるのはやめて、そのまま食べる納豆や、お刺身などに使うといいですね。

味は特にクセがないので、お刺身にかけてカルパッチョのように食べると、とても美味しく頂けますね。

まとめ

乾燥の季節は薬用のドライスキン用のシャンプーで洗う。

100均の泡立てネットを使って、モコモコの泡を作る。

コンディショナーで保湿と静電気対策をする。

寒い時期はいきなり運動させるとケガの元になるので、準備運動を。

乾燥肌や免疫機能、などを正常に保つためにオメガ3脂肪酸を食事から取る。

オメガ3脂肪酸は熱に弱いので、加熱はしない。

アマニ油の利用が簡単。

【スポンサーリンク】