アレルギー犬の食事とケア

食品アレルギー犬の栄養摂取や手作りご飯やケア方法など

【手作り犬ご飯】カロリーコントロールも楽々・野菜入り肉うどんの作り方

手作り犬ご飯・野菜入り肉うどん

手作り犬ご飯・野菜入り肉うどん

犬の管理栄養士platyです。

手作り犬ご飯を10年続けています。

 

緑黄色野菜はβカロテンが豊富ですが、特ににんじんは含有量が多いです。

私は自宅の冷蔵庫の野菜室には、にんじんは一年中ストックしてあります。

手作り犬ご飯に便利だし、豊富なβカロテンの健康効果が取れますから。

何より、にんじんは1年を通して安定して流通しているので、近くのスーパーでも買いやすいです。

メリットがたくさんあるにんじんは、手作り犬ご飯には本当に便利で、栄養的にも嬉しい野菜です。

βカロテンは油との相性がいいので、食べる直前にアマニ油を少量たらしてあげると、栄養バランス的にも、体内での吸収にも理想です。

手作り犬ご飯のメリットはカロリーコントロールも楽々なところ


手作り犬ご飯のメリットは、体調や年齢、に合わせて材料を自在に選べる事、美味しい事など多くのメリットがあります。

その中でも、近年増えている体重がオーバー気味の犬のダイエットに自在に対応できる事もあります。

カロリーコントロールをしながらも、必要な栄養素はしっかり取らせる、食材のチョイス次第で理想体重にもっていくのが楽です。

 

ドライフードは、どうしても脂肪分が高い傾向にあります。

カロリーコントロールが必要な犬は、いま食べているドライフードを、素手でぐっと掴んでみてください。

そのまま手を開いて、手のひらがどれだけ油っぽくなっているか、一度試してみるといいと思います。

その脂分は、犬の嗜好性を良くするため、等の目的で脂肪分を多めに添加する事もあります。

脂肪以外の原料があまり良くない物の場合にマスキングして、食いつきをよくするためにこういった製造法を取るメーカーもあります。

そうでなくても、ドライなフードにそれだけの脂分は、どう考えても普通なら数日で酸化してしまいます。

酸化防止剤が使ってあるでしょうが、古くなった脂は身体には良くないですよね。

美味しくて、新鮮で、カロリーコントロールも簡単な手作り犬ご飯も少し取り入れて見ませんか。

 

【手作り犬ご飯】カロリーコントロール楽々な野菜入り肉うどんの作り方

にくうどん大好きな愛犬

肉うどん大好きな愛犬

野菜は緑黄色野菜と淡色野菜を両方つかうとバランスが良くなります。

私はにんじん、ブロッコリー、キャベツ、白菜、があったので使いました。

材料

鶏胸肉の挽肉 100グラム

にんじん   10グラム

ブロッコリー 20グラム

キャベツ   葉っぱ一枚

白菜     葉っぱ一枚

ゆでうどん  20グラム

タマゴ    1個

水      200cc

アマニ油   少々

この分量で作って、うちの3キロのトイプードルの2回分の量ができます。

作り方

  1. 野菜は全部、食べやすい大きさに切る(小さめに切ると早く火がとおる)
  2. 鶏挽肉は(今回は胸肉です)脂身の少ない部位ならムネでもササミでもOK、挽肉がない場合は、荒く刻んであげてもいいです。
  3. 小鍋にうどんと野菜と肉と水を入れて、野菜が柔らかくなるまで煮込む
  4. 小皿にタマゴ1個をわり、軽く解きほぐす
  5. ラップをかけて、600wで50秒、レンジにかける
  6. レンジから取り出したら、卵焼きのようになっているので、荒くほぐす
  7. 盛り付けて、上からタマゴをちらして、良く冷ます
  8. 冷めたらアマニ油少々を垂らしてあげます

犬は熱いものは食べられないので、よく冷ましてから食べさせてあげてくださいね。

βカロテンたっぷりのにんじんとブロッコリーにアマニ油を食べる直前にかける事でとても吸収率が良くなります。

βカロテンは、視力の維持、皮膚や粘膜を健康に保つ、免疫力の活性、とうれしい事がたくさん期待できる栄養素です。

アンチエイジングにも不可欠ですから、シニアの犬にも取らせたいですね。

 

犬にとっても肥満は危険!糖尿病やオーバー体重は関節に負担

太った犬

太った犬

メタボリックシンドロームは人間だけでなく、犬にとっても健康上問題があります。

太りすぎると犬も糖尿病になり、解決策は適正体重になるまで減量し、適度な運動をすることです。

太っていると、運動をしなくなり、歩くことも嫌がる犬も出てきます。

重たい身体を支えている四肢は、常に負担がかかった状態ですから、歩きたがらないのもわかるのですが、そのままでは、運動不足、カロリーコントロールができない、悪循環になってしまいます。

そんな時、例えば、手作り犬ご飯の、野菜入り肉うどんのようなメニューなら、タンパク質や野菜でしっかり栄養を取り、炭水化物のうどんの量を減らしたりすることでカロリーの調整が簡単にできます。

減量をスピードアップさせたいなら、野菜を増やしてカサ増しして、夜のご飯には炭水化物をカットする、等、工夫は自在です。

 

肥満のために関節に負担がかかり、関節炎を患っている犬も多く、この場合も解決策は体重を減らす事です。

手作り犬ご飯なら、野菜や脂肪の少ない肉などで、量は満足しつつも、カロリーの調節がしやすいので、ダイエットが楽に成功しやすいです。

ダイエット用に作られたフードもありますが、普段のご飯には、手作り犬ご飯でワンちゃんのダイエットを応援してあげると、減量も楽ですよ。

 

健康で長生きしてほしい愛犬のためにも、手作り犬ご飯とフードを上手く使い分けながら、健康管理ができたら飼い主さんもワンちゃんも幸せですね。

 

まとめ

野菜たっぷりの肉うどんは犬にはとても好評です。

緑黄色野菜をたくさん使うと嬉しいβカロテンがたくさん取れますよ。

このメニューはカロリーコントロールも簡単なので、減量の必要のある時にも最適。

犬にとっても満足度が高いので、減量が楽に達成しやすいです。

野菜とタンパク質の量を多く、炭水化物を減らすことで減量がしやすいです。

 

【スポンサーリンク】