アレルギー犬の食事とケア

食品アレルギー犬の栄養摂取や手作りご飯やケア方法など

手作り犬ご飯で犬が長生きするの?手作りご飯のじょうずな取り入れ方

ペットの健康寿命

ペットの健康寿命

犬の管理栄養士platyです。

手作り犬ご飯を10年続けています。

手作り犬ご飯で過ごしている犬は、平均約3歳長生きなのだそうです。

愛犬のために、手作り犬ご飯を食べさせている人は、始めたきっかけは様々違うと思いますが、続いているという事は、手作りにメリットを見いだしたからだと思います。

私も最初のきっかけは、先代のシェルティーのアレルギーが理由でした。

今でもずっと続けているのは、手作りご飯の良いところをたくさん実感したからです。

 

先月、獣医師、林美彩先生が出版した、「長生き犬ごはん」という本があります。

手作り犬ご飯と健康を研究している、獣医師が考案した「長生き犬ごはん」には、手作りご飯とフードを上手に使い分けながら、楽しく手作りを取り入れよう、という、初心者にも分かりやすい内容です。

私もこの本の事を知ったのは、昨年末でしが、とても興味深く、早速読んでみました。

簡単なレシピもとても参考になる犬ごはんがたくさん載っています。

楽しいですから、読んでみてはどうでしょう。

 

 

「長生き犬ごはん」著者:林美彩獣医師の動画です

 

 

先代シェルティーは手作りご飯で18歳でもお散歩ができる元気な長寿犬でした

 

我が家のシェルティーは18歳の寿命を全うしました。

私が犬の管理栄養士の資格を取ってからは、ずっと手作り犬ご飯で過ごしていました。

シニアになると、足の筋肉が衰えて、介助ベストなどでサポートしてあげないと歩けない子も多いなか、18歳でも毎日、朝のお散歩と夕方のお散歩を楽しそうに歩いていて、近所にある保育園の子供達から人気の犬でした。

人間が大好きなので、家の近所の保育園の子供達のお散歩の時間にちょうど公園のところで会うことが多かったのですが、子供達がフサフサの被毛を撫でたり、「お手」をしたり、よく子供達に囲まれて楽しそうにシッポをフリフリしていました。

 

長寿犬として表彰される

16歳の時には、住んでいる市の獣医師会から、長寿犬として表彰もされました。

その時、獣医師会の方々から、「7~8歳くらいにしか見えないね」と言われて嬉しかった事は今も表彰式の思い出です。

17歳の時には、獣医師会から長寿と食の関係でインタビューを受けました

シェルティーが17歳の時、市の獣医師会から、長寿の犬の食事や運動など、日常生活についてインタビューを受けました。

その時に聞いたのですが、日本の獣医師会とヨーロッパ 獣医内科専門医会(European College of Veterinary Internal Medicine)

は、犬とネコの寿命と食事の関係を調査しているそうです。

私も、犬の管理栄養士の資格を持つ者として、食事と健康寿命の関係は常に興味のある分野です。

愛玩動物についての学会文献も最新のものを読んで、知識のアップデートをしています。

 

手作り犬ご飯は難しくありません。気軽にはじめて、嬉しい変化を実感してください。

手作り犬ご飯は決して難しくないですよ。

作るのもとっても簡単です。

最初は半分フードで半分手作りのものをプラスする感じでもいいと思います。

きっと、犬の喜び方が違うことにすぐ気付くと思います。

次に、1ヶ月くらいすると、毛艶の良さや、皮膚の状態の良さ、を実感できようになると思いますね。

嬉しい変化に気付いたら、続けるモチベーションにもなると思います。

家族の一員のワンちゃんが喜ぶと、嬉しいものですよね。

まずは、野菜一品と、お肉一品から始めると簡単です。

それか、上に紹介した、獣医さんが書いた、「長生き犬ご飯」にも簡単で犬の健康にとっても良いレシピを参考にしてみるのも良いと思います。

忙しい時や、旅行の時には便利なドライフードを利用すればいいし、私もそうしてますよ。

非常用の食料に、人間用のものと、犬のためのドライフードを準備してあります。

どちらかに決める、という事では無く、その時の状況に合わせて便利なものを使いながら、犬の健康を考えた食事をさせることが、元気で長生きな犬を育てることになると思っています。

 

まとめ

手作り犬ご飯は難しくないですよ。

気軽にはじめて、その効果を実感できたら嬉しいですね。

ドライフードも上手に使いながら、まずはやってみましょう。

愛情いっぱいの手作りご飯で、愛犬が健康で長寿でいてくれたら幸せですよね。

きっとワンちゃんは喜んでくれると思いますよ。

【スポンサーリンク】