アレルギー犬の食事とケア

食品アレルギー犬の栄養摂取や手作りご飯やケア方法など

プードルのトリミングはどのくらいの頻度でするのがいいの?

トリミング後の愛犬

トリミング後の愛犬

犬の管理栄養士platyです。
手作り犬ご飯を10年つづけています。

今日はうちの愛犬のトイプードルがトリミングの日でした。

サロンのトリマーさんが、トリミングが終わると写真を撮って送ってくれます。

ちょうどいい機会なので、犬のトリミングの説明と、トリミングするお勧め頻度について書いていきます。

 

プードルのトリミングってどんな事をするの?頻度と意味は?

つま先スッキリ

つま先スッキリ

トリミングとは、英語で「刈り込み」とか「キレイに整える」という意味です。

日本では、特にペットの分野で使われる事が多い言葉だと思います。

でも、トリミングは特にペット分野の用語というわけではなく、庭木や植木の剪定や刈り込みなどにも使います。

その他にも、床屋さんで髭をシェービングするとか、髪や爪、髭などのケアをすることもトリミングと英語では言います。

 

日本では、ペットの世界で使うことが多い言葉ですが、カットやシャンプー、爪切り、足裏や耳、肛門腺をしぼる、ドライヤー仕上げなどを総合的にトリミングといいます。

日本語にするなら、犬の身体のお手入れの事だと理解すれば解りやすいと思います。

トリミングをする頻度はどのくらいの間隔でするのかは、犬種によって差が出ることが多いです。

 長毛種とか、短毛種、毛が伸び続けるのか、毛の長さはずっと一定なのか、等犬種によりかなり違いがありますね。

プードルやトイプードルは特にトリミングが必要な犬種の代表犬種と言えます。

プードルのトリミングはサロンじゃないと出来ないの?

プードルのように毛が伸び続ける犬種なら、トリマーさんにトリミングを含めてお願いしたほうがいいと思いますが、毛の長さが伸びない犬種なら、自宅でシャンプーしたり、爪切りしたり肛門腺のケアなどをすれば十分だと思います。

それでも、中には、犬の爪切りが苦手、とか、どうしても怖くてできない、という人は爪切りだけでも、サロンでやってもらえますよ。

もちろん、爪切りくらいなら、獣医さんでもカットしてくれますね。

ただ、慣れてしまうと結構簡単な爪切りをサロンや獣医さんに行くと、500円~1000円くらいします。犬用爪切りがあれば自分でもできますから、ぜひ練習して見て下さい。

爪は伸ばしすぎると犬のケガにつながるので、伸びたらマメに切ってあげましょう。

 

プードルやヨーキー、マルチーズなど毛が伸び続ける犬種は定期的なカットが必要なので、素人にはカットは難しいですよね。

プードルは被毛が伸びるのも早いです。

爪や肛門腺なら自分でケアできる人もいますが、やっぱりカットはプロに任せたほうが綺麗にカットしてくれますよ。

ちょうど、人間の美容室だと考えると解りやすいと思います。

髪が伸びたら、カットは美容院などに行きますよね。素人が髪のカットをするのはハードルが高いですから。

前髪くらいなら、自分でカットするという人もいますが、全体的なカットとなると大変ですね。

毛が伸びる犬種も同じです、やっぱり1ヶ月くらいすると、1㎝~1.5㎝は犬も伸びますから、カットしないと、毛が目に入って視界が悪くなったり、足の毛も伸びて滑ってあぶないですから。

プードルは特に毛量も多いし、伸びるのも早いのでトリミングは定期的に必要です。

サロンでは、トリマーさんが、爪切り、肛門腺のケア、耳のケア、シャンプー、カット、ドライ、まで総合的にケアしてくれるので、お願いすると日常ケアも楽です。

 

例えば、柴犬やシェルティーなど、毛の長さは一定で伸びない犬種でも、お腹まわりやお尻の周りは少しバリカンですいてもらうと、オシッコやウンチが付かないようになって日々のケアも楽だし、犬も喜びますよ。

その程度なら、慣れたら自分でもバリカンやハサミで出来るようになるので、最初はサロンでコツなど教えてもらうのもいいですね。

うちの愛犬はプードルなので、1ヶ月もすると本当にモジャモジャと毛が伸びて視界まで邪魔するようになるので、定期的にトリミングに出してます。

特にプードルなどは毛量も多いし、クルクルとカールしている毛があるので安全のためにもカットしてあげましょう。

サロン後の足裏

サロン後の足裏

プードル種の犬の毛は1ヶ月でどの位伸びるの?

犬の毛は1ヶ月で約1㎝~1.5㎝くらい伸びるので、結構伸びるのは早いです。

特にプードルの種類は伸びるのが早い子が多いです。

身体のカットのほうはまだ大丈夫かな、と思っても、足の裏のパッドとパッドの間の毛も伸びるので、これをカットしないと、歩くときに滑って危ないです。

場合によっては、本当に大けがの原因になるので、自宅でも時々足裏の毛をチェックして、伸びて、歩くときに踏んでいるようであれば、滑るのでトリミングしてあげましょう。

自宅でトリミングできれば、サロンに行く必要もないし、バリカンがあればササッとできます。私も足の裏だけなら、自宅でバリカンでカットします。

上の写真はサロンのトリマーさんがトリミングしたので、綺麗にできてますが、自分ですると、ここまで綺麗にはできないです。

それでも、滑らない程度にトリミングすればいいので、バリカンで毛を刈り込んでいます。

サロンに行った時は、全身をケアしてくれるので、スッキリです。

 

犬のトリミングサロンに行かなくても、自宅でできるケアは?

自宅でもできるケアはあるので、ぜひ少しづつ慣れてワンちゃんのケアをしてあげるとスキンシップにもなるし、信頼関係も深まりますよ。

爪切り、肛門腺を絞る、耳の毛を抜く、足裏の毛をカットする、この位ならやり方を獣医さんや、サロンで教えてもらうと自分でもできるようになります。

そして、どれも、犬の健康にはとても大事なケアなので、自宅でできるといつでもやってあげられるし、お金もかかりませんよね。

私も最初は獣医さんでトリミング方法を教えてもらって、だんだん慣れていった感じです。今では、なんとか自宅でも、足裏とか、お腹まわり、お尻周りなどは自分でトリミングしてますが、上手ではないです。

最初は上手にできなくても、練習していると出来るようになりますよ。

 

私はペットバリカンで足裏の毛の処理と、肛門腺をしぼる、爪きり、耳の毛を抜くのはできるようになりました。覚えるのは簡単ですから、ワンちゃんを飼っているならぜひ覚えることをお勧めします。

サロン後は疲れてお昼寝です

サロン後は疲れてお昼寝です

耳の手入れはどうやるの?

耳の手入れは、耳の中に生えている毛を抜くんです。

なぜ抜くのか、というと毛があると耳が蒸れて風通しが悪くなると耳の疾患につながるからです。

トリミングサロンでは、鉗子という道具を使って抜きますが、素人には難しいので、指先で耳の毛を抜いてあげれば大丈夫です。

鉗子を使わないので、あまり奥の毛は抜けませんが、慣れない人には、かえってそのほうが安全だと思います。わたしも指で抜いています。指が届かない奥のほうは、トリミングサロンに行った時にトリマーさんにお願いしています。

毛を抜いた後に、耳ローションで綺麗に拭いてあげて、最後は耳パウダーでサラサラにしてあげましょう。これで耳が蒸れるのを防ぐことができます。

サロン後の耳の状態、スッキリ綺麗に毛が取れています

サロン後の耳の状態、スッキリ綺麗に毛が取れています

まとめ

毛が伸びる犬種も、そうでない犬種も、お手入れは必要。

爪、足裏、耳、肛門腺は自分でもケアができるので、やり方を覚えましょう。

犬の健康とケガ防止のためにも、定期的なトリミングは必要です。

カットが必要な犬種はサロンでトリミングしてもらうと、好みのスタイルにできます。

お手入れ方法や道具は、獣医さんやサロンで教えてくれます。

自宅でケアができると、犬とのスキンシップになり喜びます。

【スポンサーリンク】