アレルギー犬の食事とケア

食品アレルギー犬の栄養摂取や手作りご飯やケア方法など

【手作り犬ご飯】新型コロナウイルス対策、免疫アップ食材3種と犬コロナウイルスについて

免疫力の強いからだ

免疫力の強いからだ

犬の栄養管理士platyです。

身体に良い手作り犬ご飯を10年つづけています。

2020年度から動物病院で犬の栄養指導もしています。

毎日、新型コロナウイルスのニュースで感染者が増え続けていることが報道されていますね。

未知のウイルスなので、まだワクチンもありませんが、私たちに出来る事は、手洗い、うがい、マスクなどの予防措置と、免疫力を落とさない日々の食事だと言われています。

 

今、話題になっている新型コロナウイルス肺炎は、人間の事ですが、実は犬にも

犬コロナウイルス感染症があることをご存じでしょうか。

犬コロナウイルス感染症はワクチンがありますから、混合ワクチンを接種する時にこれが含まれているものを選ぶといいと思います。

かかりつけの獣医さんに相談してみて下さい。

 

 

新型コロナウイルスが最初は、中国でコウモリや竹ねずみなどに感染していた事、

そして、その後、動物から人へ感染して広がっている事を考えると、人から犬に感染する可能性も否定できないのです。

 

もしも、新型コロナウイルス肺炎に感染している人と犬が接触したら……

そう考えると、犬にも予防させたいですよね。

犬はマスクは着けられませんから、考えられる予防措置は、ワクチン接種と散歩後は手足をしっかり消毒する、免疫力の高い身体を作っておくことです。

そして、高い免疫力の身体は、食事から作られます。

 

犬コロナウイルスのワクチンについて知っておくべきこと

ワクチン

ワクチン

毎年受けている混合ワクチンがあると思います。

6種とか9種とか、ありますよね。

この混合ワクチンというのは、「コアワクチン」と「ノンコアワクチン」とに分かれています。

 

コアワクチンとは何か

全部の動物が摂取すべき、とされるワクチンをコアワクチンといいます。

 

動物の種類によって違いますが、ここでは、犬について書いていきます。

犬のコアワクチンは、犬ジステンパー,犬パルボウイルス感染症,犬伝染性肝炎と狂犬病です。

 

日本では、狂犬病は法律で摂取が義務づけられていますから、狂犬病ワクチンに関しては、毎年、管轄の保健所からハガキでお知らせが届くと思います。

狂犬病ワクチン以外の犬のコアワクチンは、犬ジステンパー、犬パルボウイルス感染症、犬伝染性肝炎という事になります。

上記の3つのワクチンは、毎年受ける混合ワクチンの中に含まれていると思います。

どんなワクチンの種類を受けているかは、ワクチン証明書に貼ってあるワクチンの種別に記載されていますから、一度読んでみるといいと思います。

 

ノンコアワクチンとは何か

ノンコアワクチンは、上記のコアワクチン以外に、必要に応じて摂取を推奨する分野のワクチンです。

種類としては、犬コロナウイルス感染症、犬レプトスピラ病、犬パラインフルエンザ感染症の3種類です。

現在感染が広がっている(人間に対しての)新型コロナウイルス肺炎ですが、最初は、中国でコウモリや竹ねずみなどが感染することが知られていましたが、

動物から人間への感染はありませんでした。

 

それが、あるときを境に、動物から人へ感染したことから、あっという間に感染が広まり、人から人への感染も確認されました。

新型コロナウイルス肺炎の原因ウイルスは、名前の通り、これまでには無かった種類のコロナウイルスの型なので、現在までのところ、ワクチンや治療薬はまだありません。

現状、できる事は、感染しないように、予防を徹底することです。

しかも、この新型は人間に対してのワクチンや薬の研究が始まったばかりで、犬はどうかは、今のところは検討されていません。

 

わたしが働く動物病院の院長に聞いてみました。

犬へのコロナウイルスの対策については、以下のように考えるという事でした。

 

最初は一部の動物だけだった新型コロナウイルスが、人にも感染するようになったという事は、種の壁を越えて感染するようになったという事です。

もしも新型コロナコロナウイルスに感染した人と犬が接触があった場合、犬にも感染する可能性も否定出来ない、ということですから、今年度の混合ワクチンの時には、かかりつけの獣医さんに相談して、犬コロナウイルス感染症の、ノンコアワクチンのことを検討したほうがいいと思います。

 もちろん、犬コロナウイルス感染症のワクチンが、新型コロナウイルスに効果があるかどうかは未知ですが、こういう時期なので、ノンコアワクチンの犬コロナウイルス感染症のワクチンは検討したほうがいいと私も感じます。

これまで、ヒト・コロナウイルスと、犬コロナウイルスは別の物で、鳥には鳥コロナウイルスがあり、他にも、牛コロナウイルス、ねずみコロナウイルスなど種別にコロナウイルスはありました。

 

犬には、犬コロナウイルスという感染症があり、これにはワクチンがありますし、万が一、犬がコロナウイルス感染症にかかった場合は、犬パルボウイルス感染症と混合感染することが多く、その場合は重症化しやすいので、両方のワクチンを接収する方向で検討するのがいいと思います。

 

犬コロナウイルス感染症と、現在感染者が増えている、新型コロナウイルス肺炎とは同じではないのですが、現状の新型コロナウイルスの状況を考えると、犬に対してもできる予防はしたほうがいいと思えます。

 

今日からでもできる犬に対しての予防は、散歩の後は手足はしっかり洗う。

人間用の手指の消毒用ジェルなどを使うのもいいです。

顔周りもきれいに拭いてあげましょう。

そして、ウイルスと戦える免疫力の高い身体です。

 

食事でウイルス対策!免疫アップ食材3種

 

免疫機能をアップさせる食材があります。

こういう時期ですから、犬にも積極的に食べさせたいです。

納豆

納豆

 

  • 発酵食品 納豆、ヨーグルトなど

 

たまご

たまご
  • 動物性タンパク質 肉や卵など

 

青さかな

青さかな



  • オメガ3脂肪酸 青さかなに含まれるDHA,EPAなどですね。

 

 

普段はドッグフードを食べているワンちゃんも、トッピングとして、納豆やヨーグルトを添えてあげたり、牛肉や鶏肉などの脂肪の少ない所を、煮たり焼いたりしてあげましょう。

青さかな(アジ、サバ、イワシ)などは血液サラサラ効果に有効と言われていますから、焼いたり、お刺身を2~3切れあげるなど、してもいいですね。

 

特に納豆やヨーグルトは、腸内環境にもとても良いのでお勧めです。

免疫力はその7割が腸内環境に寄るという研究がありますよ。

納豆もヨーグルトも手軽にトッピングできるので、ぜひあげて下さい。

 

まとめ

免疫力アップ食材を取る

犬のノンコアワクチンも検討する

散歩後は手足や顔を洗ったり、拭いたりする

 

 

【スポンサーリンク】